プライバシーと個人情報は違うの?

日常生活でよく耳にする、プライバシー。インターネットやSNSの普及により、いっそう話題に上るようになり、トラブルに発展するケースも多くなりました。そもそもプライバシーとは何でしょう。良く個人情報と混同されがちですが、個人情報とは氏名・住所・生年月日など、個人を特定できる情報のこと。一方プライバシーとは、私生活や趣味・趣向、一般的に秘密にしておきたいことを指します。公にさらされてしまった場合、個人情報は「漏えい」、プライバシーは「侵害」となります。情報が漏れるか私生活に踏み込まれると考えると分かりやすいですね。

プライバシーを侵害しない・守るために

近年増え続けているのが、SNSでのプライバシーの侵害です。手軽に情報を上げることができてしまうため、ついうっかりで他人の情報まで載せてしまうケースが多く見られます。噂話が好きな人もいますが、自分の私生活を公にされるのは気持ちの良いものではありませんよね。仲良しだからと軽く考えず、他人の私生活に踏み込まないよう気を付けていないと、ある日突然訴えられた、なんてことにもなりうるのです。プライバシーは人権と同じです。プライバシーによって人権が守られているため、自分で守ることも考えなければいけません。

現代は情報社会です。SNSの呟き1つで住所まで特定されてしまう時代ですので、気軽に自分の情報を載せるのは控えましょう。スマホの写真には位置情報も含まれており、画像データを見ただけで居場所を知らせてしまうので、写真を撮る際は位置情報にも気を付けましょう。インターネットは世界中の誰もが見られるものです。日常生活でのやりとりだけでなく、インターネットでのやりとりも今一度注意してみましょう。

シュレッダーとは書類やパソコンの情報を入れたCDなどを入れると、粉々にしてそれらの情報を他からわからないようにする機械をいいます。情報管理のために一般家庭にも普及が進んでいます。