マーケティングの自動化ができるシステム

企業が商材を売るためにマーケティング活動を行います。従来までのマーケティングは人手による作業を繰り返して業務を行っていましたが、これは非常にコストが掛かっていました。複雑な処理や大量の作業を自動化できるのが効率を高めるために開発されたのがマーケティングオートメーションです。マーケティング活動の統合を行い効率化するためのシステムがマーケティングオートメーションです。例えばメールやウェブサイト訪問者の分析の他に、キャンペーン管理やレポート作成などを1つのソフトに集約しています。基本的にマーケティングオートメーションはBtoCとBtoBの2つがあります。双方は内容が違っているので利用する前に確認しておきましょう。

4つのプロセスを効率よく管理できる

見込み客を増加させて育成するのがマーケティングオートメーションの特徴です。米国で開発されたマーケティング概念の1つで日本でも多くの企業が導入しています。具体的にマーケティングオートメーションを利用すれば4つのプロセスを効率よく管理できます。リードジェネレーションやデータマネジメントの他に、リードナーチャリングとリードスコアリングです。上記4つのプロセスにリソースを取られている企業にとってマーケティングオートメーションは使い勝手が優れています。リードジェネレーションではWebにフォームを設置したりランディングページの作成機能などが利用できます。データマネジメントは情報を一元化しリードスコアリングはウェブページ閲覧履歴を管理します。リードナーチャリングはメールの配信などを自動化できるのが魅力です。

マーケティングオートメーションは、一人一人の興味関心に応じたコミュニケーションを自動で実現してくれるプラットフォームの名称です。